ルミガンから枝分かれしたまつげ育毛剤の種類

Buzz This
Pocket
Share on StumbleUpon
Bookmark this on Delicious

ルミガンの有効成分は、ビマトプロストです。これは、すべてのまつ毛育毛剤の主成分となっています。もともとルミガンから生まれた「まつ毛育毛剤」ですが、今ではそこから派生した、たくさんの製品が出回っています。

ルミガン以外の製品

ラティース

アメリカではじめて「まつ毛育毛剤」として認可された商品。ラティースは、もともと緑内障の治療薬であったルミガンの副作用をヒントにつくられました。ですから、ルミガンのもつ育毛作用をきちんと製品化したメーカーといっていいでしょう。

グラッシュビスタ

2014年に、国内で初めて「まつ毛貧毛症治療薬」として認可された育毛剤。ほかの製品は外国で販売されているものですが、グラッシュビスタは日本で医療品として出回っています。成分は、ほとんどほかのものと変わりません。

ケアプロスト

ルミガンのジェネリック製品同じ成分、効き目で、それをもとにあとから生まれた製品)ですつ。インドのメーカーでつくられているため、価格の安さが売りになっています。

数ある商品の中でルミガンが不動の人気を誇るわけ

成分効き目ともに、これらの商品はとても似ています。どれを選ぶかは、その人の感覚や価値観に左右されるでしょう。ネームバリュー、認知度にこだわるなら、ラティースやグラッシュビスタを選ぶといいかもしれません。値段にこだわるなら、ケアプロストはお得です。

これだけほかの製品が出回っているにもかかわらず、ルミガンは、多くの美容関係者に注目され、サイトで取り上げられています。それは、「まつ毛育毛剤の土台を作った」という大きな功績をもつ製品だからかもしれません。類似製品ではなく、オリジナルのものを使う。そう見極める人が、多いのでしょう。

Buzz This
Pocket
Share on StumbleUpon
Bookmark this on Delicious