しっかりとした知識持ってまつ毛美人になる

Buzz This
Pocket
Share on StumbleUpon
Bookmark this on Delicious

まつ毛の育毛でもエクステでも、デリケートな粘膜のある目元を扱うだけに、多少の副作用のリスクはどうしても背負います。しっかりとした知識と対処法をもっていれば、安全に効果を最大限ひきだすことができます。

色素沈殿などの副作用は、ワセリンや細い筆を使うことで予防する

ルミガンは、とても効果の期待できる育毛剤ですが、医薬品ですので、起こってしまう可能性がある副作用があります。目のかゆみ、乾燥、それとあわせてよく聞かれるのが、色素沈着です。

色素沈着の原因は「メラニン色素」ですが、そのメラニン色素を活発にする成分が、まつ毛の色を濃くしたり成長させる力を持っています。ですから、効果があるからこそでてくる副作用ともいえるでしょう。

目のかゆみや乾燥もそうですが、原因は液が皮膚や粘膜につくことで起こります。それを防ぐためには、安全にルミガンをつけられるようにあらかじめ白ワセリンを目の周りに塗っておいたり、なるべく細い筆をつかって皮膚につかない気配りをするといいでしょう。

ルミガンは「こすらない」「頻度を減らす」で使用を再開できます

目の感想やかゆみが起こった場合は、目薬を使う対処ができます。つづけているうちになくなっていくケースも多いです。

色素沈着が起きた場合は、ルミガンの使用を中止してしばらく様子をみましょう。数日で改善されるはずです。かゆみが残るようならアレルギーや花粉症など他の原因も考えられます。

色素沈着を起こさないためには

・目をこすらない(かゆみが我慢できないときはルミガンをお休みする)
・兆候がみられるときは、下のまつ毛につけない、2~3日に1回くらいに使用頻度を減らす

以上のような方法を心がけて下さい。

安全に正しく対処することで、一度副作用が起きても使用を再開することもできます。嫌なイメージをひきずって「きれいを断念するより、慎重に、丁寧に目元を扱うことでまつ毛美人になれたらうれしいですね。

Buzz This
Pocket
Share on StumbleUpon
Bookmark this on Delicious