女子力アップの秘訣~まつ毛を長くする方法は色々あります

[`yahoo_buzz` not found]
Pocket
StumbleUpon にシェア
Delicious にシェア
[`evernote` not found]

短いよりは、長いほうがいい。そんな印象のまつ毛ですが、実際まつ毛がくっきり、はっきりきれいだと、いろいろな利点があります。

・目力が、より強くなり、見つめられたときのドキドキ感が倍増する
・小顔効果があり、顔全体がすっきりバランスよくみえる
・化粧映えがするので、しっかりメイクするとゴージャスな印象に
・横顔、うつむき顔がとてもセクシー

つまり、目元のボリューム満載の『まつ毛女子』には存在感があり、男性にモテル、ということ。まつ毛が短くて「残念!」という人も、いまは色々な方法で、憧れのステキなまつ毛を手に入れることができます。

せっかく女子に生まれたのなら、ちょっとした工夫もとり入れて「きれい」を楽しみたいですね。そのためには、まず私たちのカラダの一部であるまつ毛のことをよく知ることから始めましょう。

抜け替わるたびに傷むまつ毛も、ケアによって回復が可能
肌の細胞が3ヵ月ごとに生まれ変わる話は有名ですが、まつ毛も実は生え変わっていることを知っていましたか?ヒトの髪の毛はすべて生え変わるのに数年かかると言われています。いっぽう、まつ毛は早い人で1~2ヵ月、遅くても3ヵ月程度で生え変わります。ほかの体毛と比べて、周期が早いのが特徴です。

切らないと伸び続ける髪の毛と違い、まつ毛は一定の長さに達すると、あとは抜け落ちます。そのたびにどんどんまつ毛が短くなったり減ったりするのは、お化粧を落とさずそのまま寝てしまったり、ビューラーで大きな負担をかけたりして、まつ毛を酷使しているのも大きな要因です。

でも、そんな傷んだまつ毛も、これから改善していくことが可能です。丈夫なまつ毛を量育てていくには、日頃のケアが大事になってきます。

まつ毛の生まれ変わりをはっきり実感するには「育毛剤」がお勧め

まつ毛を増やしたり伸ばしたりするのには、目元の血行促進や毛根のケアが大切です。毛根は、まつ毛が生えるための基盤になります。栄養と保湿をたっぷり与えて豊かな土壌をつくりましょう。こんなお手入れをするといいでしょう。

・目のまわりのクレンジングは丁寧に、かつきちんと洗い落とす
・美容液で保湿
・化粧品やマスカラは、まつ毛に負担の少ないものを選ぶ
・まつ毛育毛剤を使う

最近、便利で確実と注目されているのが「まつ毛育毛剤を使う」ことです。はっきりとした違いを実感したい人には、とてもおススメです。

美容液を使うのと育毛剤とでは、どんな違いがあるのでしょう?わかりやすくいうと、美容液は天然成分を主体とし、すでに生えているまつ毛のハリやコシにアプローチします。それに対して育毛剤は、主成分に医療薬が使われていて、まつ毛の成長を促し、まつ毛をふさふさにし、長く伸ばすイメージです。

ルミガンはまつ毛育毛剤の王道です

アメリカ生まれのルミガン 0.03は、もともとは緑内障の治療薬でした。ところが、その副作用として、まつ毛が伸びたり濃くなる現象が起きました。それをヒントに「まつ毛育毛剤」が様々なメーカーから開発されていきました。つまりルミガンは、数ある育毛剤の元祖といえるものです。

効能が、まつ毛の育毛・増毛のほかに、緑内障・高眼圧症とされているのもそんなわけがあります。まつ毛を伸ばしたい場合は、1日1回、寝る前にまつ毛の根元に塗ります。

目が乾く、かゆくなるなどの副作用を伴うときがあります。液が皮膚につくと「色素沈着」といってシミになる恐れがあるので肌につかないよう気を付けましょう。初めてルミガンを使うのにわからないことが多くて心配だ、という方は、一度クリニックへいき、検査や相談を受けて使用するといいかもしれません。

使用回数、頻度をしっかりと守り、地道に続けていけば、年齢に関係なく誰もがその成果を実感できる、というところがルミガンの魅力です。実際に試してみてまつ毛の変化を目の当たりにする女性は、「どうしてみな使わないのだろう?」と疑問に思う人もいるのだとか。

まつ毛パーマでもなくエクステでもなく、育毛剤を選ぶ理由は、「自分の本当のまつ毛で勝負したい」という思いと「必ず生えてくる」という確実さがあるからではないでしょうか。「長い素敵なまつ毛をもつために、なんらかのアクションをおこしたい」、と思っている人には、試してみる価値がある製品です。

ルミガンの使用方法

緑内障・高眼圧症治療薬として使用する場合には、1日1回1滴を点眼してください。頻回投与により、効果が減弱する可能性があるため、1回を超えて使用しないで下さい。

まつ毛に使用する場合には、洗顔後、スキンケアを行ったあとに1日1回まつ毛の生え際に塗布してください。

ルミガンの効能

ルミガンは、緑内障・高眼圧症の治療薬として開発された薬です。その副作用として、患者さんのまつ毛の色や密度が濃くなる、長くなるという症状が多く報告されたことから、まつ毛の育毛剤としても注目されるようになりました。

緑内障は、眼圧の上昇などにより視神経が障害される疾患で、失明の原因ともなります。通常、眼圧は眼球を満たす体液である房水により、一定に保たれています。しかし、加齢など様々な要因により房水の産生と排出のバランスが崩れると、眼内の房水が過剰となり眼圧が高い状態となります。

ルミガンは、有効成分であるビマトプロストが、プロスタマイド受容体に作用し、房水の流出を促進することで眼圧を下げる効果を発揮する点眼薬です。

臨床試験でも、眼圧効果作用が認められており、多くの患者さんに使用されています。

また、近年ではまつげ育毛剤して使用されることも増えています。ビマトプロストは、毛包を刺激し、毛の成長期にあたる期間を長くすることや、メラニン色素の生成を活性化することが知られており、この作用により、まつ毛を長く、太く、濃くする効果が実証されています。

ルミガンの評判

ルミガンを含むプロスタグランジン関連薬は、1日1回の点眼で強力かつ安定した眼圧降下作用が得られることから、臨床でも緑内障・高眼圧治療の第一選択薬として用いられることが多い薬です。

まつ毛育毛剤としての評判も良く、まつ毛が長くなった、濃くなったなどの声が数多く聞かれています。
一方で、充血や色素沈着、掻痒感などの副作用も多く報告されています。

ルミガンの副作用

ルミガンのおもな副作用として、目の周りや虹彩への色素沈着、目の充血、掻痒感などが報告されています。

色素沈着は、メラニンの生成が活発になることで色素が沈着し、目の周りが薄茶色または黒っぽくなる症状のことを指します。目の周りの色素沈着を防止するために、薬液が付着したら、水で洗い流す、もしくはティッシュなどで薬液をしっかりと拭き取ってください。

目の充血は、ビマトプロストの血管拡張作用によるものです。使用者の約半数で発現することが報告されています。まつ毛育毛剤として使用している場合にも、薬液が目に入ると発現する場合があります。

充血が発現しても、大きな問題とならないことがほとんどですが、美容面で気になる場合や、長時間経っても改善しないようであれば、医師または薬剤師に相談してください。

また、目の痒みや痛み、違和感が続く場合や、虹彩の色調変化を感じた場合にも、医療機関を受診してください。

ルミガン使用時の注意点

ルミガン以外にも使用している点眼薬がある場合や、妊娠または授乳中の場合には、本剤を使用する前に医師または薬剤師に相談してください。

他の点眼薬と一緒に使用する場合には、点眼する間隔を5分以上空けてください。
コントクトレンズを使用している場合には、レンズの変色防止のため、一旦外し、点眼後15分以上経ってから装着してください。

まつ毛育毛剤として使用する場合には、1回ごとにブラシや綿棒等を取り替え、清潔に保ってください。

[`yahoo_buzz` not found]
Pocket
StumbleUpon にシェア
Delicious にシェア
[`evernote` not found]